無駄に几帳面な行動記録

他、心にうつりゆく  よしなしごとを  そこはかとなく

ロック

無駄に几帳面な男のマイベストソング(oasis編)

不定期に、僕の好きなミュージシャンの最も好きな曲を無駄に几帳面にアルバム順に羅列するという、そのミュージシャンが好きな人がかろうじて読んでくれるかなという企画、なんだかんだで第六弾となりました(過去記事はこちら↓) 無駄に几帳面な男のマイベ…

無駄に几帳面な男と移動中の音楽

僕は音楽(ロック90%、ポップス10%)が趣味の一つなのだが、移動中に聴くことが多い。世の中の人ってどうなんだろう?って、時々定点観測として、何人位が移動中に聴いてるかな?と無駄に几帳面に数えているんだけど、スマホが聴けるようになった今でもあ…

無駄に几帳面な男のマイベストソング (THEE MICHELLE GUN ELEPHANT編)

完全不定期企画である、僕の好きなミュージシャンの最も好きな曲をアルバム順に羅列するだけという、自己満100%のこの企画(過去はこちら↓) 無駄に几帳面な男のマイベストソング(Radiohead編) - 無駄に几帳面な行動記録 無駄に几帳面な男のマイベストソ…

無駄に几帳面な男のライブあるある 前編

ROTH BART BARON というロックバンドのライブ@東京フォーラム(Cホール)に行ってきた。ロックと付き合い初めて26年目に突入。 おっさんロック好きあるあるなのか、僕だけなのかはわからないけど、どうも昔に比べてライブに行きたくなるほど好きになるバン…

無駄に几帳面な男のマイベストソング(Radiohead編)

完全不定期企画で書いている、僕の好きなミュージシャンの最も好きな曲をアルバム順 に羅列する企画(過去はこちら↓) 無駄に几帳面な男のマイベストソング(サカナクション編) - 無駄に几帳面な行動記録 無駄に几帳面な男のマイベストソング(スピッツ編)…

無駄に几帳面な男のマイベストソング(aiko編)

自分の好きなミュージシャンのベストソングをSpotifyのプレイリストを作って公開するなんてことはせず、手入力で曲名を打ち込んでいくという、まさに無駄に几帳面としかいいようがない、「無駄に几帳面な男のマイベストソング」シリーズ。 無駄に几帳面な男…

無駄に几帳面な男とライブ会場

僕はロックジャンキー(ロック大好きでもロックオタクでもロックフリークでもなんでもいいんだけどジャンキーって響きがカッコイイよね。)で、前にも思わず僕のロック自伝を前・中・後編とカラマーゾフの兄弟ばりに3回にわたって書いてしまった位である。 …

無駄に几帳面な男のマイベストソング(スピッツ編)

無駄に几帳面な男のマイベストソング(サカナクション編) - 無駄に几帳面な行動記録 に続いて、今回はスピッツ! スピッツ興味ない人は今回はここでサヨナラサヨナラ~。また来てね。 先日、子供がTVチャンネル回していたら(って表現、昔の名残ですな。…

無駄に几帳面な男のマイベストソング(サカナクション編)

これまで赤裸々に、僕の無駄でアブノーマルである几帳面な行動記録を語ってきたわけであるが、今回は一番普通な内容かも。 ミュージシャンのアルバムをコンプリートしている位好きな人ならば、そのミュージシャンの「マイベストソング」を一度は作ったことが…

無駄に几帳面な男とMD

若者は存在すら知らないだろうが、昔はMD(ミニディスク)というものがあったのだよ。コレ↓ CDをMDにダビングして聴くわけなのだが、何しろ小さいから(約7×7cm)MDオーディオプレイヤーで外で聴く時にかさばらない。そして、僕のようにロックに…

無駄に几帳面な男とフジロックの準備

ついにネタ切れ。。。 2019年9月27日から始めたこのブログだが、ネタストックがない時にも、毎週ブログを書いている週末になる頃には、ふわふわとネタが脳内に降ってきたのに、今回は全然降ってこない。ストックは厳密にはいくつかあるのだが、まだその時で…

無駄に几帳面なロック自伝 ~後編~

3週にわたってお届けしたロック自伝、いよいよ感動の(僕が)最終回! マーイ。 自己満足の温泉にどっぷりつかって「ええ湯だな~」状態ですがお付き合い下さい。 4章 横浜でロック 2003年には、またまた転職し(今回はロックな理由ではない)、横浜の実家に…

無駄に几帳面なロック自伝 ~中編~

さて、偉人でもないのに自伝を書いてしまう暴走ぶりだけど、これぞロック!どこがロック?なんて思われない内にとっとと中編スタート。ロックに興味無い方でも当時の若者カルチャーの話も盛り込まれているので読んでみてください。(話盛り盛り) 3章:東京…

無駄に几帳面なロック自伝 ~前編~

突然思いついた『無駄に几帳面なロック自伝』! ロックに興味ない人でもなんとか読んでもらえるよう書いて行くので是非是非読んでみそ!(死語)。 序章:始まり オアシス と出会ったのは1996年(平成8年)、僕が大学4年生(23才)のことだった。僕の人生…